2010年04月05日 22:59

ご挨拶

2010年3月31日 CURURU閉鎖に伴い、私urmaのブログ「珊瑚礁のつぶやき」は
FC2で継続していくこととなりました。

ここにあるのはCURURUで書き綴った6年弱の過去ログ倉庫です。
ブログ主へ何かご用向きの際は、本家FC2ブログの方へお越し下さいますよう、
お願い申し上げます。

↓ FC2版珊瑚礁のつぶやき ↓
http://urmamru.blog68.fc2.com/
【フリーノートの最新記事】
posted by urma | フリーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日 00:11

暇乞い

今は無き知識+からNAVERブログに流れ着いて早いもので、6年足らず。
小学校を卒業するくらいの時間をここで過ごしたことになります。
初めはそれこそ「ブログって何?」ってところから始まって、知+で見慣れていたIDを訪ねてみたり、
ちょっと目に付いたブログをブックマーク感覚で手当たり次第に友だち登録をしていた初期。
 
いつまで続けられるのやら・・・と思っていたブログライフも毎日訪れるのが楽しみになり、
イベントに乗せられながらもひと月毎日更新したこともありました。
これも一重に皆様が訪問してくださり、コメント欄を盛り上げてくださったおかげです。
見てくれる人がいなければとっくのとうに私はここにはいなかったでしょう。
ここはブログでありながら、コミュニケーションツールの要素が大きかったので楽しく、
居心地が良く、離れ難い場所でした。
 
意欲的に楽しんで更新したり、コミュニケーションを取ったりした時代は意外にも長く続きました。
皆さんのおかげで本当に楽しかった。
 
それがいつからこうなっちゃったのか、それとも地がついに表面化してきたのか、
今は何を書いてもそらぞらしく、楽しかったことを伝えようと努めても、どこか冷めた自分がいます。
次第に折角くださったコメントにレスを付けなくなり、他所様でもコメントをあまり書かなくなり。。。
コメントすることに無理を感じてきていたのかもしれません。
(ブログは)無理すると続かない、とは幾度となく目にし、私自身思い続けてきた言葉です。
それなら無理するのは止めよう、と心苦しく思いながらも、一方的なブログ後期でした。
 
それでもここまで懲りずに足を運んでくださった方々には感謝の念が絶えません。
皆さんそれぞれが様々な事情を抱え、あまり活動されていない方々も多く見受けられる中、
いつか通いつめ、そして去ったチャットルームを思い出しました。
毎晩のようにばか話をしてはPCの前で笑っていた楽しい時期はやがて過ぎ去り、
ルームに顔を出しても交わす言葉が次第に減っていく。
ここで語る言葉はもう語り尽くしたということなのかもしれません。
そろそろ潮時、そんな言葉が頭をよぎります。
 
往生際の悪い私はそれでも移転先をFC2に用意しました。
時々は書きたくなることもあるでしょう。
それはフィギュアのお話しだったり、ホームズの話しだったりと、ここに来てくださる方々には
あまり興味を抱いて頂けないことが中心になるかもしれません。
それでも記事内容に関係なくお声を掛けて頂ければ喜びます。
 
CURURUで書いた記事はそのほとんどをseesaaへ移します。
現段階で昨年いっぱいの分まで移動済みです。この記事を最後の更新として、
今週末にはデータをエクスポートし、seesaaに移したいと思います。
この記事のコメント欄はエクスポート前までは開放しておきますが、その後閉じます。
もし、勿体無くもこの記事を含め、過去の記事に何かコメントをくださる際には、
以降はseesaaの方へお願い致します。
 
また、クル友さんが何人か登録していらっしゃるということで、
コミュニケーション用としてmixiにも籍を置いています。
「珊瑚礁のつぶやき」とキーワードで検索して頂ければ辿り着くと思います。
 
きっとこれらの中のどこかに私はいます。
またそのどこかでお会いできる事を祈りつつ・・・皆様、長らくのご愛顧ありがとうございました!
 
 
--------------------------------------------------------------------------
※3月29日1:48 seesaaへ全て移動完了。コメントありがとうございました。
 以降、CURURUで書いた記事へのコメントがありましたらseesaaの方へお願いいたします。
 
ブログデータ
(2010/03/31/12:05終了時)
今日の訪問者数5
昨日の訪問者数21
累計の訪問者数37614
総記事数1456
総コメント数9857
総スクラップ数3
総トラックバック数114
お気に入りに登録された数8
2004年06月28日開設
posted by urma | Comment(7) | フリーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日 22:54

有言実行

クルマのリアガラスに
『赤ちゃんが乗っています』
のステッカーが貼ってあったり、
業務用車には
『安全運転中』
とか書いてあったりするのはよく見かけます。
中には
『法定速度を守っています』
とか書いていながら
バビューン!と、もの凄いスピードで追い抜かれ、
ヾ(^-^;)オイオイそれ法定速度か?会社にチクッちゃうぞ、とか思ったりするのですが。w
 
ところで、昨日、前を走っていたクルマのステッカーに書いてあったのは・・・
 
『暴走中』
 
いやぁ、斬新だ。ダンナが珍しくイラッと来てた。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
これは有言実行しちゃいけませんぜ?( ̄ー ̄)
posted by urma | Comment(7) | フリーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日 02:57

バンクーバー フィギュア女子フリー終了

1位 キム・ヨナ  2位 浅田真央  3位 ジョアニー・ロシェット
 
フリー結果。yahoo版公式サイト
 
とりあえず
真央ちゃん、銀メダルおめでとう!
 
そもそも今季の前半は絶不調だった。
アクセルばかりが話題になるが、数年前から踏み切り時のエッジの判定が厳格化されたルッツが
正確に跳べない。
(以前不得意と言っていたサルコウも一度は克服したはずだったが、それも入れていない。)
このスランプで調整している時間がなかったのかもしれない。
6種類のジャンプの中で、アクセルの次に基礎点の高いルッツジャンプをSP・フリーともに
入れられなかったのは痛い。
あとは加点がどれだけ貰えるかにかかっていたが、直前に書いたように、
SPを見た限りではヨナを上回れるとは残念ながら思えなかった。
 
生身の人間だもの、少々の失敗があったって仕方がない。
だからフリップのダウングレードはまだいいのよ。そりゃぁ、本人してみればそれも悔しいだろうけど。
でも、トウループのあれは悔しかった。事故じゃないかと思ったもの。
あんなところでエッジが引っかかっちゃうなんて。。。
『疲れが足に来ていたのかもしれない』と語った浅田だが、
(たら・ればを言っても仕方が無いのは分かってるけど)整氷直後の綺麗な氷だったら
あんなこともなかったかもしれない。
不測の事態が起こるのもオリンピックと言うが、その不測の事態で力が発揮出来なかったことは
言葉にならないほど悔しい。。゚(。うω´。)゚。
もしもノーミスで滑りきることができていたなら、金メダルを取れなかったとしても
これほどの悔いは残らなかったろう。
でも表現力は素晴らしかった。重厚な音楽を迫力ある演技で表現してくれました。
この結果をポジティブに捉えれば、浅田にはまだまだ伸びしろがある、ということ。
今季はスランプも乗り越え、表現力に磨きをかけ、大躍進を遂げたシーズンでもあります。
それでもまだまだ進化の途上です。
取り敢えず、次は世界選手権です。パーフェクトな『鐘』が出来ることを祈ってます!
 
一方、ヨナはと言えば、完璧。パーフェクト。
この上ないという言葉がぴったりなクリーンな演技。
フィギュアのお手本VTRとして後世に残したいくらい。人間離れした演技と言ってもいいかもしれない。
実際、彼女は
『それほどプレッシャーを感じなかった』
だの
『五輪は考えていたほど難しくなかった』
だの
自分だって何度となく苦しい経験をしてきているだろうに、
『演技を終えてほかの選手が泣くのを見て、何で泣くんだろうと思っていた』
だの
どこか情緒的に欠落してる部分があるんじゃなかろうかと勘繰ってしまうほど
憎らしい発言を繰り返している。(苦笑
恐るべしサイボーグ007。
だから今回のヨナの金メダルには納得している。
 
しかし、採点システムにはどうしても納得が行かない。
高難易度なジャンプが正当に評価されていない事と、一つの技にダブルで減点するべきではない事については
前の記事にも書いたが、他にも幾つか。
 
まず、GOEの加点・減点も幅がありすぎでなないだろうか。
フィギュアの一番の要、3回転ジャンプで見てみると、ジャンプ1つの基礎点が4.0〜8.2であるのに対し、
−3〜+3ポイントは付きすぎだろう。
難易度が高いジャンプに挑戦するより、難易度が低くても質のいいジャンプを跳んだ方が『得策』
になってしまうのである。
これではプルシェンコの言うとおり、フィギュアの技術は『後退』してしまう。
加点はあくまでオマケ点として、多くても1点程度に抑えていいのではないか。
回転数によって差を付けなくてはならないので、それが難しいなら、基礎点をもっと底上げすべきである。
 
そして、女子と男子で基礎点の配分が同じと言うのもおかしい。
3アクセルがいい例である。
男子でさえも難しいと言われる3アクセルだが、世界トップクラスの男子選手にとっては
今や必要不可欠の技であるのに対し、
女子では初めて伊藤みどりが決めて以来、これだけ完璧に3アクセルを自分のものにしているのは
浅田しかいない。
数えてみれば20年に一度、跳べる選手が出るかどうかという神技。
実際、男子シングルSPのルールには必須要素として『3回転もしくは2回転のアクセルジャンプ』とあるが、
女子シングルのSP必須要素には『2回転のアクセルジャンプ』とされているのである。
これは男子の4回転にも言えることだが、常識の枠を飛び出てしまった大技に対し、
ルールの方が追いついていないというのが現状だと言うほかないのかもしれない。
『ルールの中でどれだけ高得点を出せるか』
それを緻密に計算・実行し勝利したのが今回のライザチェクであり、ヨナなわけだが、
枠を飛び出した選手が『出る杭は打たれる』かのごとく報われないようでは、
それこそスポーツは発展しないし、本来あるべき姿ではないと思う。
 
と、このくらいで五輪の結果に戻しましょうかね。
 
5位安藤さんのクレオパトラは正直今ひとつだったかなぁ。
GPシリーズで見せた生き生きした表情はどこへ置いてきてしまったんでしょう。
『トリノの時より成長できたと思う』
と言うけれど、私にはトリノで果敢に4回転に挑戦した安藤さんの方が生き生きとして見えた。
何も無理に難しい技に挑戦しろとは言ってませんよ。ええ。
でも、何だかアスリートとしての貪欲さを無くしてしまった様な、覇気のない表情はどうしたことか。
指先まで行き届いた表現力、と実況アナは言っていたけれど、私には体に刻み込んだ振り付けを
半ば自動的に淡々とこなしているようにしか見えなかった。
順位もSPから一つ落とし5位。
『すごくいい状態』で臨んだはずのオリンピック。あなたの実力はこんなもんじゃないはず、と信じています。
 
8位鈴木さん。入賞おめでとう〜!(*^o^*)
小さなミスはあったけれど、スピンの全てとスパイラルでレベル4をマーク。
持ち味の生き生きとした演技で鈴木マリアは輝いていました。
演技後に見せた涙も美しかった。
『見ていて幸せになれる演技をしたい』と語っていた鈴木さん。
幸せ、頂きました。^^
やっぱり滑る楽しさが伝わってくると、フィギュアって素敵だなー、と思います。 
 
3位ロシェットはSPに比べると着氷に乱れが見られ、得点に納得行かないという意見もあるようですが。
・・・確かに。私も冷静な目で見られなかったから何とも言えませんが、
審判の心に影響するものが全くなかったとは言えないかも、ね。
でも最後まで滑りきった姿には感動でした。
 
世間では八百長だ、などと騒がれているが、それもひとえに
ソルトレイクシティ五輪における審判の不正疑惑に端を発する、審判員への不信感によるものだろう。
それが為、現在の採点システムに変わったわけだが、一度沸き起こった疑惑はそう簡単には消えない。
選手の人生を懸けた努力を踏みにじる不正行為は、スポーツ界にあるまじきものだが、
残念ながら表面化しないだけでどこにでも蔓延っているものなのかもしれない。
しかし今回はそのようなことは無かったと信じたい。
 
それでもやっぱりヨナの得点、出しすぎ。あれはない。うん。
posted by urma | Comment(3) | フィギュアのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日 10:14

おや?

真央ちゃんのジャンプの予定にルッツが入ってない。。。
単独ジャンプにトウループ、ループの予定ですってぇ?
3−3のコンビネーションも入ってない。
予定ジャンプの基礎点はヨナとの差が2.45ポイント?
・・・
SPの得点差に届かないじゃん。
・・・
いや、フィギュアはジャンプだけではないですけどぉ。
傾向としては、恐らく真央ちゃんよりGOEで稼いでくるであろうヨナ。
( -”-)ウーン
 
マスコミは当然、逆転は充分可能としか言いませんが・・・
ヨナのミスがない限り真央ちゃんの金は無さそう。。。(´┐`)
posted by urma | Comment(5) | フィギュアのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。